【ヒカルも食べてた!】贈り物にも!幻の大豆を使った高級納豆がスゴい

“納豆”といえば、朝昼晩を問わずに毎日の食卓を彩る、日本ならではの伝統的な国民食ですよね。

スーパーやコンビニの売り場にいけば品揃えも豊富にあり、健康のために毎日食べるという方も多いのではないでしょうか。

ですが、普段気軽に立ち寄っているスーパーなどではなかなかお目にかかるのは難しいような、稀少な納豆も数多く存在しているんです。
そしてそのような希少価値のある納豆というのは、製造過程から使用されている豆にいたるまで、これでもかというほどに強いこだわりをもって製造されているんです。

そして、納豆というと茨城の水戸というイメージが強いのですが、実はそこの名産だけでなく、日本各地にさまざまな種類の納豆があるんです。
それらの高級納豆は、今までのスーパーで手軽に入手出来る納豆とは全く違うようなもので、納豆のイメージの概念をくつがえすようなものでもあるんです。

そこで今回は、お取り寄せしても絶対食べるべき!!手土産やちょっとした贈り物としてもおすすめの高級納豆”二代目福治郎 鶴の子”の魅力についてご紹介します!

幻の大豆で食べ応えバツグン!二代目福治郎 鶴の子

 

納豆業界では完全にありえない……それどころか、非常識とまで言われてしまう納豆の72時間熟成をおこなっているのが、秋田県のこの二代目福治郎 鶴の子の最大の特徴です。
日本一の手間ひまをかけているとまで言われているのですが、72時間もの熟成によって豆は極限まで柔らかく仕上がっており、その風味は一度食べたら忘れられないほど豊かなものになっています。
この鶴の子は、“本当に美味しい納豆を味わって食べてほしい”という想いのもと、二代目福治郎が作り上げた逸品でもあります。

さらに、この納豆には北海道でも本当にごくわずかしか栽培されていない“幻の大豆”を贅沢に使用していて、食べ応えも本当にバツグンなんです。
そしてなによりも、この鶴の子は日本一高い超高級納豆とも言われているものなので、その味はまさに超一級品となっているんです。
見た目こそ普通の納豆とは何が違うの……?というような、一見ただの納豆のように見えるかもしれませんが、見た目から想像する以上の感動の味わいを楽しめること間違いなしです!

◎人気YouTuberヒカルさんも動画で紹介!

人気ユーチューバーのヒカルさんも、動画でこの二代目福治郎納豆を紹介されていました。
ヒカルさんいわく、とにかく粒が大きくて美味しいんだそうです!

チビチビと少しずつ味わうもよし、ご飯にかけて大胆にかきこむもよし……!
お値段は594円(2パック)と、確かに普通に売られている納豆よりは高くなりますが、逆に言えば600円で感動の味を体験出来るので、試す価値ありです♪
鶴の子納豆を食べてみるとわかると思いますが、本当に今までの納豆の常識をくつがえす衝撃の美味しさなのでぜひ一度食べてみてください!

幻の大豆で食べ応えバツグン!二代目福治郎 鶴の子の購入は公式サイトからどうぞ!

二代目福治郎 鶴の子公式 サイト