おびゴハンで紹介!白味噌のお雑煮が美味しそう♡

TBSにて、朝の9時55分からあっている人気料理番組、おびゴハン!
あと数日で今年も終わりますが、新年の準備は出来ましたか?

画像引用元:http://www.tbs.co.jp/obigohan/

おびゴハンで今回紹介された、白味噌を使ったお雑煮が今とても注目されているようです!
レシピは以下の通りです。

白味噌のお雑煮 2人前の材料

・丸餅 … 2個
・京ニンジン … 1/3本
・大根 … 2cm程度
・海老芋(孫芋)… 2個
・紅白かまぼこ … 1cm幅、各1枚ずつ
・昆布だし … 500ml
(野菜を炊く用:200ml)
・白味噌 … 200g
・三つ葉 … 2本
・糸がき … 適量
・和からし … 適量

白味噌のお雑煮の作り方

1.
京ニンジンは5mm厚さの輪切りに、大根も同様の厚さのいちょう切りに、海老芋は六方に皮をむいて縦2等分に切り、かまぼこは半分に切る。

2.
野菜を炊く用のだし(200ml)を鍋に入れ、京ニンジン、大根、海老芋を入れて下茹でし(約10分)、水気を切る。

3.
ボウルに白味噌を入れ、分量のだしを少しずつ加えながら混ぜ合わせ、濾して鍋に入れ、沸騰させないようにあたためる。

4.
餅を230℃に余熱したオーブントースターで約7分焼く。

5.
お椀に大根を敷き、その上に焼いたもちをのせ、京ニンジン、海老芋、紅白かまぼこを盛りつけ、③の汁を注ぎ、三つ葉、糸がきをのせ、和からしを添える。

(引用元:http://www.tbs.co.jp/obigohan/recipe/r20181227.html)

白味噌のお雑煮まとめ

そもそも、お雑煮とは元旦に、“歳神さん(お正月様)”にお供えした神饌(しんせん)を神棚からお下げし、歳神さんからのお下がりをごった煮にして食べる正月料理のことを言います。

そして、白味噌のお雑煮は、京都に近い滋賀県の南部でよく食べられている主流のものなんです。
京都はもちろんのこと、大阪や兵庫、香川など、関西圏でよく食べられているんだそうです。
白味噌には原材料として米麹が多く使われており、塩分が少なくコクがあり、繊細な甘味と風味があって上品な味わいなのが特徴なんです。

お雑煮の主流でもあるすまし汁のお雑煮はもちろん美味しいですが、たまにはお出汁を変えてみても、新しい気分を味わえて素敵ですよね!
なによりお雑煮といえばお正月の定番メニューでもあるので、作るという方も多いのではないでしょうか。
簡単に作れる上に、絶品な、和食「鈴なり」の村田明彦シェフによる一流のレシピを使って、白味噌の優しい美味しさで新年をあたたかくして迎えてみてくださいね!