ローソンの大ヒット商品「悪魔のおにぎり」に仲間が新登場♡

大手コンビニチェーン店のローソンで、去年2018年10月に発売された「悪魔のおにぎり」は、20年以上に渡って1日たりとも1位の座を譲ったことがなかった「シーチキンマヨネーズ」を一時上回るほどの大ヒット商品ともなり、話題になりました。
そこで認知度が一気に高まった「悪魔の」ブランドを更に強化し、拡充され今年1月15日に発売開始されたのが「悪魔のうどん」「悪魔のパン」「悪魔のトースト」の3種類です。

悪魔のおにぎりは、白だしで炊いた風味が満点なご飯にイカ天の入った天かす・青のり・てんつゆなどを混ぜ合わせたもので、その中毒性があるような美味しさが話題となり、累計販売数は約1700万個にもなりました(19年1月9日現在)。
1月15日からは、この悪魔のおにぎりにお値段はそのままでさらにごま油とネギが加えられ、風味がさらに良くなったリニューアル商品が発売されています。

そして今回新発売となった「悪魔のうどん(399円)」はしょうゆ・みりん・砂糖・カツオと昆布の合わせだしなどで味付けをした焼きうどんに、あおさ入りの天かすを加えて食べるものです。
また、1月22日に発売された「悪魔のパン(150円)」は、薄焼きのパンの上に天かすとあおさがのっていて、天つゆが入ったソースとマヨネーズがかかっています。
さらに、食パンに2種類のチーズクリームとシュレッドチーズ、砂糖がトッピングされた「悪魔のトースト(125円)」も同時に発売されています。
その中毒性に、やみつきになること間違いなしの「悪魔の」シリーズ。
どれも口コミではかなり高評価になっているので、ローソンに立ち寄る際はぜひ一度試してみてくださいね!